肩こりと冷え性 解決への道

 

何故肩こりになってしまうのでしょうか?

 

 肩こりで悩んでいる方は多いと思いますが、その原因は人それぞれですね。それでは、なぜ肩こりになってしまうのでしょう。まず、肩こりの一番の原因として挙げられるのが姿勢です。最近では、パソコンを使ったデスクワークが多くなってしまった為に、常に肩や首の筋肉が緊張状態にあります。その状態が毎日のように続いていくと、慢性的な肩こりを感じてしまうようになるのです。また、パソコンのモニターを見つめる事から、眼の疲れからくる肩こりを感じている方も多いと思います。次に、肩こりの原因として挙げられるのが、寒さです。人間の体は、寒さを感じると、震えのように筋肉を痙攣させて熱を作りだそうとし、また、血管を細くして熱の発散を防ごうとします。すると、必然的に血液の循環が悪くなり、肩こりへと繋がってしまうのです。冬はもちろんの事ですが、夏でもクーラーの効いた部屋で体を冷やすと、肩こりの原因になったりもしますので、体を冷やさないようにする事が大切です。最近多い肩こりの原因に、ストレスも挙げられます。ストレスで肩こり?と感じる方もいらっしゃると思いますが、ストレスの影響は胃の痛みや頭痛、抜け毛など体の至る所にあらわれてきます。本人が気付いていなくても、マッサージなどをしてもらった際に、「肩が凝っていますね」と言われ、初めて自分の肩こりに気付く方もいらっしゃいます。自分の肩こりが一体何からきている肩こりなのか、一度原因を確かめてみると良いでしょう。

 

肥満と肩こりの関係は?

 

 肩こりの原因に、体型なんて関係ないと思っている方も多いと思いますが、実は体型も肩こりに関係がありそうなのです。それでは、太っていると本当に、肩こりになりやすいのでしょうか。まず、太っていると言っても、全体的にふくよかな場合と、おなかだけが出ている場合がありますよね。全体的にふくよかな場合には、腕や肩周辺にも脂肪が付いているので、それがおもりとなってしまい、肩の筋肉への負担になってしまいます。その為に、肩が筋肉疲労を起こしてしまい、肩こりを発症してしまうのです。また、太っている人の場合には、往々にして体を動かす事を避ける傾向がありますので、運動不足による肩こりも多くなります。おなかだけが出ているような内臓脂肪が多いメタボリックな体型の人もまた、肩こりになりやすいと言われています。それは、おなかが出ている為に、どうしても前方部分が重くなり、そのバランスを取ろうと背中を反らすような不自然な姿勢になってしまうからです。頭を正常な位置で支える必要がある為に、結果的に肩から首にかけての筋肉疲労が起こり、肩こりへと繋がっていくのです。肩こりを解消する為には、身体の血行を良くする為に、マッサージや整体等が効果的と言われています。けれど、その前に、肩こりに悩んでいて、自分の体型がちょっと太っているなと感じた場合には、まずはダイエットをする事から始めてみるといいですね。

 

 

肩こりの治療は何かを受診すればいいのでしょうか?

 

 パソコンの普及によって、今やデスクワークでパソコンを使わない企業はないと言っても過言ではなくなりました。現在では、デスクワーク業務のほぼ全員が、自分用のパソコンを使って仕事をしている企業も少なくありません。それに伴い、肩こりに悩む社会人も爆発的に増加しました。もともとデスクワークでは肩こりになりやすい傾向はありましたが、常時同じ姿勢でパソコンモニターを見つめる業務では、さらに肩こりになりやすい環境になってしまったのです。マッサージグッズや磁気ネックレスなど、さまざまな対策をしている人も多いですが、それでもなかなか肩こりから解放されない人も多く、肩こりが原因の頭痛に悩まされ続ける人もいます。余りにもひどい場合は、病院への通院も考えるでしょうが、どの病院にかかれば良いのか分からないという事も多いと思います。実は、肩こりの原因や症状によって、受診する科は変わってきます。例えば、眼精疲労が原因なら眼科ですよね。虫歯が原因の肩こりなら歯科です。寝違えなどが原因で酷くなった場合には、整形外科になりますね。頭痛などを伴う場合には、神経内科、または、脳神経外科を受診します。自分ではよく分からない場合には、まずは近隣の内科を受診して指示を仰ぐのもよいでしょう。あるいは、総合病院に行って症状を話し、どの科に掛かるのが妥当かを判断してもらうという方法もあります。

 

 

 

肩こりと頭痛の密接な関係とは

 

 肩こりと頭痛に密接な関係があると感じている人は多いと思います。肩こりから頭痛になるといった経験をする方が多いからですね。それもそのはずです。なんと肩こりが原因の頭痛は、頭痛全体の7〜8割とも言われるほど多いのです。肩こりが原因で起きる頭痛を「緊張型頭痛」といいます。首から肩の凝り(血行不良や筋の緊張)や、極度の精神緊張によって起きるとされています。頭痛に肩こりを伴うと感じることもあるようです。緊張型頭痛の特徴は、頭がドクドクと脈打つような痛みではなく、ギリギリと絞めつけられるような痛みであることが多く、目の疲れや目眩を伴うこともあります。偏頭痛のような吐き気を伴うことがなく、これによって偏頭痛と区別されています。また、緊張型頭痛は慢性的な頭痛であることも特徴です。その原因の多くは、姿勢や眼精疲労、ストレスなどです。特にパソコンやテレビゲームが普及し始めた頃から、子どもでも発症する子が多く見られるようになりました。長時間同じ姿勢でのデスクワークはもちろん、テレビ画面やパソコンのモニター画面を見続けることで、筋肉への負担だけでなく眼精疲労も加わり、引き起こしやすくなってしまうのです。肩のこりをほぐすことで改善することも多いですから、時々軽く身体を動かしたり、首を回したり肩をもんだりして血行を良くするのも効果的です。ひどくなると改善も大変になるので、早いうちから肩のこりを溜めないようにしたいものです。

 

 

どうして手足から冷えるのでしょうか?

 

 冷え性の話をする時によく、「末端冷え性」という言葉を使われる方がいらっしゃいます。体全身が冷えているのはなく、手足の先だけが冷たい状態を末端冷え性と言います。布団に入っていても、なかなか手足が温まらない状態が続いたりしているようであれば、それは末端冷え性です。では何故、手足が冷えてしまうのでしょうか。心臓は全身に温かい血液を送るポンプのような役割をしていることは、皆さんご存知ですよね?手や足は心臓から一番遠いに距離にある部位で、血液の循環経路をたどっていくと一番最後に辿り着く部位なのです。さらに、手足の先は、他の部位に比べて脂肪の量も少なく、保温機能も低くなっています。そのため、温かい血液が手足の先まで流れてこないので、末端冷え性が発生してしまうのです。女性の場合ですと、このような手足の冷えが悪化すると子宮などに影響を与える可能性があるので、冷えを改善していく必要があります。当たり前のことですが、手足を冷やさないようにするのが一番の改善方法になります。そのためには、何をするべきかが重要ですね。例えば、手であれば、寝る時には手袋をして手を温めて寝たり、仕事中や気がついた時に手をギュッと握ったりして、手のストレッチを行うといいかもしれません。足は即効性を考えるのであれば、足湯をおすすめします。足湯は、自宅でもバケツや桶にお湯をはって足をつけるだけで簡単に出来ます。方法はどうであれ、手足を温めて、血行を促進させましょう。

 

 

冷え性を改善する方法

 

 冷え性で悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思いますが、ちょっとした生活習慣を見直すだけで、冷え性を改善することが出来るのです。いくつか簡単な方法をご紹介したいと思いますので、冷え性でお悩みであれば是非試してみて下さい。冷え性を改善するのに一番大事なことは、やはり、体を温めることです。体を温めることの出来る簡単な方法として、入浴があります。いつも入浴時に湯船につからず、シャワーだけで済ませてしまったりしていませんか?よくダイエットには半身浴が良いと言われていますが、半身浴は冷え症改善にも効果的なんです。ちょっとぬるめかな?と思う温度(38〜40℃)のお湯に、ゆっくり15分程浸かりましょう。あまり熱いお湯だと、長い時間湯船に浸かることが出来ないので、すぐに湯冷めしてしまいます。それに、ぬるま湯の方が血管を広げることが出来るため、冷え性の原因となる血行不良を解消することが出来るのです。15分浸かって体が温まったら、全身をマッサージするようにして体を洗いましょう。それに、冷え性を改善するためには、食生活にも気を使いましょう。食べ物には、陰性の食べ物と陽性の食べ物とがあり、冷え性の方は陰性の食べ物を避けた方が良いと言われています。陰性の食べ物とは具体的に、トマトやきゅうりなど水分が多く、体を冷やしてしまうような食べ物のことです。例えば、生野菜を食べるのではなく、温野菜など加熱してから食べるといったように工夫してみましょう。もちろん、全く食べてはいけないのではなく、バランスの取れた食事を摂取することが一番大事なのです。

 

 

ニキビと冷え性の関係

 

 一見、なんの関係もなさそうな冷え性とニキビですが、実はたいへん密接な関係があるというのをご存知でしょうか?ニキビといっても、青春のシンボルといわれる思春期ニキビではなく、「大人ニキビ」と言われるニキビのことです。思春期ニキビは、ホルモンバランスの崩れ・・・成長期における男性ホルモンの急増が原因なのですが、大人ニキビの原因はCMでもやっている通り、「たまった老廃物」なのです。つまり、思春期ニキビと大人ニキビはぜんぜん違うものだという事ですね。そして、大人ニキビの場合は、冷え性がとても密接に絡んでいるという事になります。考えてみてください。思春期ニキビは男性の方が圧倒的に多く、大人ニキビは女性に多いと思いませんか?何故、大人ニキビが女性に多いかというと、冷え性は圧倒的に女性に多いからと言えるでしょう。では、冷え性とニキビがどんな関係なのかをご説明したいと思います。冷え性というのは、血行が悪いため、体の末端まで血液を送ることが出来ずに、冷えてしまう症状をいいます。血液には酸素や栄養を体の隅々まで運ぶという働きがありますが、それと共に、老廃物を集めてきて排出させる働きもあります。しかし、血行不良で血液の循環が悪くなってしまうと、手足が冷えるだけでなく、老廃物の代謝にも悪影響が出てきてしまうのです。肌の新陳代謝も当然鈍くなりますから、老廃物がたまって肌の再生も悪くなり、ニキビの温床となってしまうという訳です。

 

 

冷え性と漢方

 

 冷え性は、男性より圧倒的に女性の方が多いと言われています。それにはいくつかの理由があるのですが、まずひとつは、女性は月経の関係でホルモンバランスが定期的に変動します。このホルモンバランスの変動にストレスなどが加わると、自律神経の働きが悪くなることがあり、すると身体の末端まで血液を送る働きが鈍くなってしまい、手足が冷えるのです。このような場合には、ホルモンバランスを整えたり、自律神経を整える働きのある漢方薬が効果を見せます。また、月経は体内の血液を出してしまいますから、貧血になりやすいというのもあります。このような場合には、必要な栄養素をバランスよくとると共に、消化器系の働きを促進させる漢方薬が効果を見せます。これ以外にも、男性と比較して筋肉量が少ない女性は、もともと血液の循環が滞りやすく、そのために手足や足腰が冷えてしまう冷え性になりやすいのです。そのような場合には、血行を良くする働きのある漢方薬が効果を発揮するでしょう。基本的に、冷え性というのは、血行が悪くなるのが原因で起こります。ですから、血液をサラサラにしたり、血行を良くすれば冷え性が解消することは良くあります。漢方薬の中には、血行促進効果のあるものが多く存在するので、冷え性に効果のある漢方薬は大変たくさん存在しています。ですが、選ぶ際には、薬剤師などの専門家によく相談し、自分の症状や原因に合わせたものを選んでもらうようにしてください。

 

 


自然の力で改善を目指す 評判の サプリ と知る人ぞ知る 噂の枕


話題の黒酢で 指先までぽっかぽか 肩こり改善の可能性



黒酢サプリメント【くろす美人丸】



話題の黒酢で、手の先足の先までぽっかぽかに。 体の隅っこまであったまる3つの厳選成分を配合!送料無料、もれなくプレゼントあり!

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ひえる女性におすすめ!
くろす美人丸【黒酢サプリ】




980円でお試しできます
ビタミンEがあなたの症状に効く

 ↓ ↓ CLICK ↓ ↓







独特の形と温度管理によりあなたのカラダを眠りレベルで改善。長年の肩こり、不眠、頭痛が改善されたという人多数、メディアでも紹介されている噂の枕がこれ。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

肩こり・頭痛・不眠は繋がっている




 

お役立ち情報